焼酎は蒸留方法の違いによって、甲類焼酎と乙類焼酎の2種類に分けられるということは、焼酎好きなら大れでも知っている有名な話ではないでしょうか。
しかし焼酎にはもう1つの種類があります。
それがこの記事でご紹介する「混和焼酎」という焼酎なのです。

1.混和焼酎とは

最初に申し上げた通り、焼酎には下記のの2種類が存在しています。

★連続式蒸留機を使用して蒸留される甲類焼酎
★単式蒸留機を使用して蒸留される乙類焼酎

そして混和焼酎とは、この2種類の焼酎をブレンドしてつくられている焼酎なのです。
また面白いことに、混和焼酎には酒税法上の名称基準が存在していません。

代わりに日本酒造組合中央会と日本蒸留酒酒造組合の自主基準が存在しているのです。
この基準では下記のように記載するように定められています。

★乙類焼酎の比率が50%以上、95%未満の混和焼酎 →「単式・連続式蒸留焼酎混和」
★甲類焼酎の比率が5%~50%未満のもの →「連続式・単式蒸留焼酎混和」

つまりブレンドされた割合で名称が変わるということですね。

2.混和焼酎が歩んだ紆余曲折

そんな混和焼酎が生み出されたのは、第一次焼酎ブームと呼ばれる昭和58年頃になります。
乙類焼酎の「いいちこ」や「二階堂」がブームになり、今まで焼酎に興味のなかった酒好き達が、すっきりとした味わいの麦焼酎に熱い視線を注ぎ出したのです。
その焼酎ブームを逃すまいと、甲類焼酎のメーカーは、自社で生産した焼酎と桶買いの乙類焼酎をブレンドし、ライトな味わいかつ、より安価な混和焼酎を生み出しました。

ですがそのブームは長く続かず、混和焼酎はどんどん乙類焼酎に駆逐されていくことになります。
混和焼酎にはその製法上、どうしても乙類焼酎に勝てない部分がありました。
それは焼酎独特の「香り」です。
甲類焼酎が混ざることによりどうしても香りが薄れてしまいます。

しかし意外なところで、混和焼酎が必要とされることになりました。
チェーンのスーパーマーケットやリカーショップが安い混和焼酎に目をつけたのです。
混和焼酎は、焼酎ブームで生まれた「少し焼酎に興味があるだけのライト層」への訴求にぴったりだと判断され、全国のチェーン店で大量に販売されることになりました。

3.混和焼酎の味わい

最後に混和焼酎の味わいについてご紹介しておきましょう。
混和焼酎の特徴は、とにかく大量生産が可能で価格が安いことに尽きます。

しかしブレンドされた焼酎は、焼酎特有の香りや味わいの面で、乙類焼酎には劣るものになってしまいます。
つまり味には期待できないということです。
少なくとも「乙類焼酎が普通の焼酎だ」と思われる方の口に合うものではありません。
そのためお酒買取りに出したとしても、大した査定額にはならないでしょう。